今現在非常に多くの人が、賃貸を利用しており、一生賃貸のまま生活を送っている人も大勢います。
ただ当然のことですが賃貸は自分のモノにすることが出来ないので自由性に欠けるというデメリットもあります。 賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
諸々の費用を全て知っておき、初期費用として家賃の6ヶ月分は予め用意しておく必要があります。

 

もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合におきましては、家賃以外にも管理費や共益費が必要となるので無理して高額な家賃の物件を選ぶことのないようにしましょう。
部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃というのは、一般的には月収の3分の1程度と言われており、それ以上の場合には経済的に困難となってしまいます。



■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分ブログ:18年08月03日

読者様、(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金〜!!!

生理前になると食欲が出てしまって、
せっかくの減量が失敗に終わってしまったなんて、
経験のある方も多いのではないでしょうか。

減量の為に食事制限をして頑張っていても、
生理前になると
食欲が抑えられなくなってしまう方は
少なくないようです。

何度も減量に挑戦するのですが、
生理前になるとどうしても我慢できなくなり、
それまでの努力が台無しになってしまって
悩んでいる方もいます。

でも、
どうして生理前になると、
食欲が出てしまうのでしょうか?

それは、
月経前症候群「PMS」というものが
原因になっているようです。

「PMS」というのは、
生理の14日間前くらいから現れる
体質と心のトラブルの総称で、
女性ホルモンの分泌量が急激に変化することと
関係があると言われています。

「むくみ」も「PMS」の症状の1つです。
生理の一週間前から
生理の最中にむくみがでやすくなります。

これは、
黄体ホルモンという女性ホルモンが
生理前に卵巣からたくさん分泌されますが、
これが体質に水分を貯めやすくしてしまうそうなんです。

また、減量しているのに、
生理中に太ったと感じたことはありませんか?

これは黄体ホルモンだけが原因ではなく、
大腸の働きが低下するために便秘になりやすくなります。
なので、生理前などに体質が重たく感じたりするようです。

でも、これらのことは
生理が始まってしまえば次第に改善されます。
ですから、神経質に気にしたりせず、
減量中は、上手にストレスの解消をしてみてくださいね。

せっかく始めた減量なんですから、
気楽に続けることが大切ですよ!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^