今現在非常に多くの人が、賃貸を利用しており、一生賃貸のまま生活を送っている人も大勢います。
ただ当然のことですが賃貸は自分のモノにすることが出来ないので自由性に欠けるというデメリットもあります。 賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
諸々の費用を全て知っておき、初期費用として家賃の6ヶ月分は予め用意しておく必要があります。

 

もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合におきましては、家賃以外にも管理費や共益費が必要となるので無理して高額な家賃の物件を選ぶことのないようにしましょう。
部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃というのは、一般的には月収の3分の1程度と言われており、それ以上の場合には経済的に困難となってしまいます。



■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分ブログ:19年02月22日

昨日は、布団に入って2秒でねました。


社会に出るまでに父親に言われた言葉に
「学生が終わったらなかなか友達出来ないかもしれないぞ」
というのがあります。

それを聞いた当時のあたしはとても淋しく思い、
「大人になると一人で生きれるように強くならなくてはいけないのかな」
と感じていました。

それでも縁というの不思議なものです。

社会人になって、
一度も行ったことがない場所に
仕事での赴任が決まり配属された半年後、
たまたま出会った同業他社の男の子は同郷で共通の友達がいることが
話をしているうちに分かりました。

実家を離れての初めての一人暮らし、
日々淋しさを抱えていたあたし。
日々顔を出す営業先で時折挨拶と言葉を交わす彼…

時々は、
仕事の空いた時間をコーヒーを飲みながら
一緒に過ごすこともありました。

一人実家を離れているあたしは、
時折、お姉ちゃんの精神疾患が悪化したと両親から報告を聞いたり、
実家の金銭的事情の悪化を聞いたり…

あたしの心が折れそうになるたびに、
不思議なことに約束をしているわけでもないのに
彼を見つけ少しだけする立ち話…

「調子、どう?」
「まぁまぁかな。そっちは売れてるの?」
「これからや」
「そっか、がんばってね。じゃ。またね」

たったこれだけの会話と彼の笑顔が
もう実家に帰ろうかしら…とくじけそうになるあたしを
どれだけ救ったのかなんてこと、きっと彼は判っていない事でしょうね。

この彼と出会い、会うことがなくなった後でも
あたしはやっぱり
「一人で生きられるように強くならなくては、
何がなくなっても生きていけるように…」
そんな風に感じていたと思います。

あの人にも、この人にも、
支えられていることに気づきもせずに…

おしまい!!!