コンビニや本屋さんなどで販売をしている賃貸情報誌などに掲載されている物件には良い物件が多くあります。
ただ一つ気を付けたいのが、それら情報がお客さんを呼ぶおとりの情報ということも考えられるので注意しましょう。 敷金の使われ方についてご理解されていない方が多いですが、国のガイドラインでしっかりと定められています。
このガイドラインを確認してどこまでが原状回復として敷金が使用されるのかを、知っておくと良いでしょう。

 

賃貸契約をする時に敷金を支払いますが、これはオーナーや管理会社に保証金としての一時預かり金となります。
家賃の滞納があった場合に敷金から補填されることとなり、本来は解約後に返金されることになりますが、一般的には原状回復の資金として最終的に使用されることとなります。
礼金は賃貸物件のオーナーに対して謝礼の意味で支払うものですので、解約時に戻ってくることはありません。
基本的には家賃の1〜2ヶ月分程度が礼金の相場となっていますが、礼金不要としている物件も今ではかなり多くなってきました。





ゴミ箱
ゴミ箱
URL:http://www.gomibako-ism.com/


■豆知識情報:敷金と礼金について知っておこうブログ:18年08月09日

今、我が家では小麦粉が余っています。
母は使い道に困っており
「お好み焼きでも作ろうか?」と言っていますが、
そのままひと月以上経ってしまいました。

昔、我が家では
「お好み焼き」は父の仕事でした。

自営業で忙しく、自宅で寝る事も少なかった父とは
残念ながら家族団らんの思い出があまりありません。

小さかった子供の頃は違うでしょうが、
ボクが小学校低学年の頃に賃貸から分譲のマンションに移ってからは、
父が家の中にいた時間は、本当に少なかったように思います。

それでもひと月に何度か夕方食を一緒に食べる機会があり、
そうした時に父が率先して家族に振舞ったのが
「お好み焼き」でした。

大阪生まれの大阪育ちなのに、
父のこだわりは広島焼きで、
いろいろウンチクを並べたりしていました。

ヘラで重なりあったお好み焼きを
上手にひっくり返す父の姿に子供のボクは大興奮で、
「自分もやりたい!」とヘラを奪い取ってチャレンジしても
ことごとく失敗していました。

その失敗を父がまた綺麗に直してくれて…
それがまた尊敬だったりもしました。

父は「うまいか?」と言いながら
次々焼いていきます。
そしていつも自分が食べるのは最後になってからでした。
今思うと、そこにも愛情がありますね。

そんな父が亡くなってもう十年。
お好み焼きを自宅で作る機会はもうほとんどありません。

昔は買足しても足りなかった小麦粉が余っている様子を見て、
父が居ないことを改めて実感すると同時に、
笑顔でお好み焼きを口いっぱいに頬張っていた
自分の姿を思い出しました。

平凡だけれども
ボクにとっては、優しかった父との思い出です。