コンビニや本屋さんなどで販売をしている賃貸情報誌などに掲載されている物件には良い物件が多くあります。
ただ一つ気を付けたいのが、それら情報がお客さんを呼ぶおとりの情報ということも考えられるので注意しましょう。 敷金の使われ方についてご理解されていない方が多いですが、国のガイドラインでしっかりと定められています。
このガイドラインを確認してどこまでが原状回復として敷金が使用されるのかを、知っておくと良いでしょう。

 

賃貸契約をする時に敷金を支払いますが、これはオーナーや管理会社に保証金としての一時預かり金となります。
家賃の滞納があった場合に敷金から補填されることとなり、本来は解約後に返金されることになりますが、一般的には原状回復の資金として最終的に使用されることとなります。
礼金は賃貸物件のオーナーに対して謝礼の意味で支払うものですので、解約時に戻ってくることはありません。
基本的には家賃の1〜2ヶ月分程度が礼金の相場となっていますが、礼金不要としている物件も今ではかなり多くなってきました。





ゴミ箱
ゴミ箱
URL:http://www.gomibako-ism.com/


■豆知識情報:敷金と礼金について知っておこうブログ:18年09月15日

減量をするためには、
筋肉を鍛える運動が、どうしても必要になってきます。

筋肉は、僕たちが食べたカロリーを消費してくれる大切な箇所です。
だから、筋肉を鍛えることで大きくする必要があるんですよね。

女性の中には、筋肉を鍛える運動をすると、
ボディービルダーのような体質になってしまうのでは?
と不安に感じる人が多いみたいですが…

それこそハードな運動でもしない限り、
筋肉がムキムキになったりしませんので、ご心配なく!

僕がお勧めするのは「ながら僕」です。
何かをしながら運動をすると、
継続的に減量を進めることができますよ。

例えば、
何もせずにただ3分間運動をするというのは、かなりきつく感じます。
しかし音楽をかけながら、運動すれば楽勝です!

大体、今の音楽は一曲3〜4分程度。
ということは、一曲聴きながら運動をすれば3分程度になります。
一曲なら、少し頑張ってみようと思えますよね?

また3分というと、
テレビのコマーシャルの時間がこの程度のような気がします。
好きなテレビ番組を見て、コマーシャルになったら少し運動する、
これも簡単に頑張れるんじゃないでしょうか?

よく、減量には、
24時間20分程度の運動が必要といわれています。
しかしこれは、
20分「連続」で運動をしろ!という意味ではないんですよね。

最近の研究によると、
一回当たりは数分であっても、合計で20分を超えれば、
減量効果はあるということが広く認知されています。

ですから、ながら運動でも、頻繁に行っていると、
意外と20分の壁というのは簡単にクリアできてしまうんですよ。