■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分

■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分


■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
今現在非常に多くの人が、賃貸を利用しており、一生賃貸のまま生活を送っている人も大勢います。
ただ当然のことですが賃貸は自分のモノにすることが出来ないので自由性に欠けるというデメリットもあります。 賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
諸々の費用を全て知っておき、初期費用として家賃の6ヶ月分は予め用意しておく必要があります。

もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合におきましては、家賃以外にも管理費や共益費が必要となるので無理して高額な家賃の物件を選ぶことのないようにしましょう。
部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃というのは、一般的には月収の3分の1程度と言われており、それ以上の場合には経済的に困難となってしまいます。




■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分ブログ:19年01月21日

お酒は高カロリーな物が多いので、
ダイエット中はなるべく控えたほうがいいのですが、
お酒を我慢する事で、ストレスが溜まってしまったりするようなら、
上手にお酒を飲みましょう。

お酒は全て脂肪になりそうなイメージがありますが、
お酒を飲んだときに体が熱くなるのは、
体が熱を作りだしているからなんだそうです。
その結果基礎代謝がアップし、カロリーが消費されやすいんですよね。

よく「ビール腹」という言葉を耳にしますが、
この原因の多くは、
おつまみや飲んだ後の炭水化物の摂取から来ているようです。

お酒を飲むことによって、
とくに糖質を元に脂肪を作る働きが活発になり、
そこでおつまみなどから糖質をとると、
普段より多く脂肪が蓄積されるんです。

なので、高カロリーのおつまみや、
飲んだ後のとんこつラーメンやライスは太るというわけです。

特に、17時遅くまで飲んで食べてすぐ寝るというのは、最悪なんです!
寝てる間は、さらに脂肪をためこむ働きがあるからです。

ものすごくお酒を飲むのに、痩せている人をよく目にしますが、
その人たちの多くはおつまみをほとんど食べないからなんです。
お酒だけの摂取なら、基礎代謝がアップしているので
ほとんど消費されてしまうのですね。

さらに、低カロリーのお酒の場合、
お酒のカロリーでは足りず、体脂肪も消費するからです。

でも、お酒の飲みすぎは肝臓のたんぱく質を削りとり、
肝臓を痛めてしまい、病気になる恐れもあります。
くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

お酒を飲む時は、
たんぱく質の多いおつまみを選ぶようにしましょう。

■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分

■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分

★メニュー

■豆知識情報:部屋探しを始めるタイミング
■豆知識情報:不動産屋のキャンペーンに注目
■豆知識情報:大手不動産屋が良いとは限らない
■豆知識情報:おとり広告に注意をして賃貸探し
■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう
■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう
■豆知識情報:年間を通じて家賃が同じとは限らない
■豆知識情報:敷金と礼金について知っておこう
■豆知識情報:インターネットで賃貸の情報収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web