■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう

■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう



■豆知識情報:情報誌の罠に注意しようブログ:15年10月29日


お風呂で行なう減量には、
定番の半身浴やマッサージなどいろいろありますよね。

お風呂は連日入るものですから、
手軽に無理なく続けられるだろう…と
実践している方も多いのではないでしょうか。

でも、
お風呂で行なう減量で、
少し勘違いをしている方はいませんか?

それは、
お風呂減量をしても
すぐに体重が落ちるなど、
目に見えた減量効果は現れにくいということです。

続けていれば
体重が減っていくだろうと思いがちなのですが、
なかなか体重が減らないので
結局途中であきらめて失敗してしまう方が多いようです。

お風呂減量の一番の効果は、
血行を良くして新陳代謝を高めてくれるということなんです。

これは、
その後に続ける減量の効果をあげるために
からだの準備をしてくれているわけです。

なので、
お風呂減量と他の減量を
併用することが望ましいということになります。

またその他の効果としては、
食べる事の前にお風呂に入ることで
胃液の分泌を多少抑えてくれますので、
食欲を抑制し、空腹感を和らげてくれます。

ただし、
ものすごく腹が空いている状態で入浴すると
貧血を起こす可能性があるので、気をつけてください。
ですから、入浴前には
必ずコップ1杯のお水を飲むようにしましょう。

お風呂減量は
他の減量方法と組み合わせることで
減量効果が現れるので、勘違いせずに続けてみてください。

お風呂減量だけでは、
なかなか体重は落とせないということです。


■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう

■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう

★メニュー

■豆知識情報:部屋探しを始めるタイミング
■豆知識情報:不動産屋のキャンペーンに注目
■豆知識情報:大手不動産屋が良いとは限らない
■豆知識情報:おとり広告に注意をして賃貸探し
■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう
■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう
■豆知識情報:年間を通じて家賃が同じとは限らない
■豆知識情報:敷金と礼金について知っておこう
■豆知識情報:インターネットで賃貸の情報収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web