■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう

■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう



■豆知識情報:情報誌の罠に注意しようブログ:15年09月19日


「みっか間で3kgやせた!」とか
「ひと月でモデル体型に!」という文字を見つけると、
つい試したくなってしまいますよね。
わたくしも何度試したことか…

そのような話題になる減量の中で、
多くの人がやったことがあるのが
「単品減量」ではないでしょうか?

「バナナ減量」「りんご減量」
「こんにゃく減量」…などなど
あなたも、もしかすると1つくらい
挑戦したものがあったりしませんか?

単品減量は、
「ある食品以外絶対食べない」という減量方法ですから、
栄養面から見ると肉体に悪そうというイメージはありますよね。

それでも、次々に新しい単品減量が話題になるのは
なぜだかわかりますか?

それは、とにかく一時的にでも体重が落ちるため、
「減量が成功した」と錯覚してしまうからなんですよね。

でもそれは、
「減量が成功した」のではなく、
単に栄養失調になっているだけ!

生命を維持していく栄養が足りなくなってしまうため、
極端に言えば、命にもかかわりかねない、
非常に危険な減量なんじゃないでしょうか?

そこまで深刻な状態にならなかったとしても、
肉体は栄養失調状態となるため、
食べ物が少しでも入ってきたらすぐため込んでしまい、
リバウンドしてしまうのです。

しかもストレスもたまってしまうため、
肉体自体に異変を起こすことも考えられます。

このように単品減量は危険なので、
できれば、やめておいた方が良いと、
わたくしは思います。

■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう

■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう

★メニュー

■豆知識情報:部屋探しを始めるタイミング
■豆知識情報:不動産屋のキャンペーンに注目
■豆知識情報:大手不動産屋が良いとは限らない
■豆知識情報:おとり広告に注意をして賃貸探し
■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう
■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう
■豆知識情報:年間を通じて家賃が同じとは限らない
■豆知識情報:敷金と礼金について知っておこう
■豆知識情報:インターネットで賃貸の情報収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web