要チェック「賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web」

賃貸のことについて豊富なお役立ち情報を公開しています。
まずは「賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web」をお気に入り登録しておくと便利です。世の中のどんな業界にも悪質行為をしている業者があるもので、不動産業界でも同じように悪質な業者が存在しています。
とにかく大切なのは不動産屋の担当者が親身になって一緒に物件探しをしてくれるのかということになります。分譲で購入をするよりも賃貸の物件の方が人気であり、需要があることで全国的に続々と賃貸物件が増えてきています。
そんな賃貸物件の中には、驚きの賃料で設備が整っているお得な物件もあるので不動産屋に相談をしてみましょう。

 

賃貸に引越しをしてから「こんなハズじゃなかった」と後悔をしてしまっても後の祭りなのです。
生活の拠点となる自分の部屋なのですから、事前の現地調査を入念に行い失敗しない物件選びをしましょう。





賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Webブログ:18年10月22日
私の結婚生活も、
まもなく一年が経とうとしています。

いやぁ〜思い出しますね。
奥さんの両親に挨拶行ったときのことを…

私のイメージでは…

あちらのお母さんが和室に通してくれて、
少しすると、小ぎれいにしたお父さんが
登場するって感じだったんですよね。

お茶を出されて、
そのお父さんとぎこちない話が数分行われた後に、
沈黙になってしまって、
耐え切れなくなって切り出す…

「ムスメさんを、ぼくに下さい!!」

…またもや沈黙の後。
コクリとうなづくお父さん…

みたいなことを考えていました。

そして、
私にとっての「その時」は、
昨年の正月でした。

私が奥さんの実家に訪れると、
親戚がたくさん来られていました。
正月の賑わっているときですもんね。

今までバタバタと走り回っていた、
甥っ子や姪っ子たちも、
「そっちの部屋にいっちゃダメよ!」って感じで、
別の部屋に連れていかれ…

奥さんのお父さんと私の二人にされてしまいました。

そこでは、本当に他愛もない話しかできないし、
上の空だから、今でも何を話したか覚えていません。

案の定、二人とも話すこともなくなって、
沈黙に…

そして、ついに「その時」が来ました。
座っていた座布団から、飛び降り…

「お義父さん、ムスメさんと一緒にさせて下さい!一生大事にします!!」
と言って、頭を下げました。

奥さんのお父さんさんは、
コクリとうなづくわけではなかったですが、
「なにもできないムスメだけど、こちらこそよろしく頼むわな。」
と、優しく微笑んでくれました。

このとき、
なんとも言えない安堵を感じたことは、
今でも鮮明に覚えています。



賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web モバイルはこちら